湘南フレンチでランチ&ディナー 2011 ・4月「マリールイーズ」シェフの小部屋 村井弦斎通り ケータリング・出張パーティーも
のお休み・・・(月)14(月2128(月)  休業日のカレンダーはコチラ←

TOP 店内 MENU 料理 人・素材 イベント1 イベント2 活動・1 MEDIA.etc 料理教室 食彩 SPICE!
日記 日々…twitter yukitwi movatwi mixi Facebook Ameba Yahoo triades オーレ! ぶらり
 …守る会・平塚  NHK非常食料理  鎮魂のライブ  応援メニュー  言霊
2011年4月22日(金) No.331
長いです


  ドイツの娘?とのやり取り…長いです。

 【娘】piccolina2011年04月16日
 皆様ご無沙汰しております。

 気がつけば卒業して1ヶ月とちょっと、時間の早さに自分でも驚いています。

 この1ヶ月間、学ぶ事が多くありました。

 原発の事。
 政治の事。
 報道の事。
 地盤の事。
 余震の事。

  そして、日本という国の事。

  私は日本人でありながら、この震災を体験せずに過ごしています。
 少しでも、せめて気持ちだけは近くに居たいと、日々様変わりするニュースに目と耳と思考をフル回転
 させている次第です。

  これから書こうとしている内容は、地震が続いている現状で大きな不安のある中を精一杯生きて
 いらっしゃる方々にとって理想論的に映ってしまう可能性があるかもしれません。
 今、意見を交わす余裕の無い方は、どうぞ、いつか思い出した時に読んでもらえたら嬉しいです。

  私はあれから1ヶ月経った今、このままここで何年間か続けてきたささやかな交信を止めてしまうと、
 ずっとその一言が発せなくなる様な気さえするのです。

  こんな時に私事で恐縮ですが、書きたいと思います。

  日常が今どれだけ大変なものに変わってしまったのかは、母と話すだけでも生々しく伝わってきます。
 今までなんとなく過ごせていた時間がこれ程貴重だったという事を、改めて体感しています。
 たわいもない事をして戯れたり、話したり。
 でもまだそれが完全に無くなった訳では無い。一刻も早くこの非常事態から抜け出せる日を毎日強く
 心に描いています。

  本題はまず、原発の事です。
 
  石原都知事が再選した時はきっと、多くのマイミクさん達が落胆された事だと思います。

  私もです。

  あの選挙結果の要因に思いをめぐらせる時、原発が無いと国が今まで通り機能しなくなると思い
 込まされている方々が、まだ沢山居るのが現実なんだと思いました。
  原発を所有するという事は、地域の危険と引き換えに、懐が温まる層の人間が居るのです。
 その恩恵は決して日本国民の為ではなく、一部の人間の物であります。
  ちょっと立ち止まって冷静に考えてみれば、人間が制御出来ないエネルギーに頼って社会が成り立って
 いるという事実がおかしい事位、誰でも気付きます。

  加えて日本は世界でも類の無い地震大国。 そんな不安定な土俵の小さな国土に40基を越す原発が
 あるというあり得ない矛盾。

  地震がもたらす二次災害には火災、津波、土砂崩れなど色々な課題があるにも関わらず、
 なぜそこに人的原発の懸念が必要でしょうか?

  原発は自然災害に人的災害を加える一大要素であるのに、それでも今なお稼働している各地の原発。

  いや、はっきり言って原発自体に罪は無い。

  それを動かしている、人を、地域を、危険にさらして利益を得ている人間を、絶対に私達は野放しに
 してはいけない。

  そういう人間が日本で一部の人間からどれだけ尊敬されていようが、その権力が、黒い富が、どれだけ
 恐れられていようが、世界は見ているのです。

  それだけシンプルな事なんです。

  特に腐り切って腐敗の匂いをプンプンまき散らす東電がいくら帳尻合わせても時遅し。
 後は完全に衰退していくまで(責任のたらい回しに)時間が長くかかるか、短くかかるか。

  震災直後に応援してくれた世界の風も、今は厳しく、冷たい。

  今住んでいるドイツでは、多くの会社が日本からの食品の輸入を既に見合わせているし、
 日本の食材を扱うバイト先の客足もこの1ヶ月で既に半分位に落ちました。

  実際どれだけ放射能汚染が進んでいるか、という事よりも、ある地域がひばくした、という事だけで。
 はっきり言って、東電の発表なんて既に誰も信用していません。
  放射能汚染のレベルが5だろうが多く見積もって7にしようが、関心事は最初から、日本全体における
 対応策なのです。

  それが、いつまで経ってもはっきりしない。
  私達の先陣を切る政府が、これでいいのでしょうか。

  更に、福島の原発が最初の爆発を起こした時から東電は事の重大さに気付いていながら、避難区域を
 最小限に20キロ以内としたのは、その後の補償を最小限に抑える為だったという事が今になって囁かれ
 ている様ですが、国民の生活を犠牲にしてでも、国の総生産率を維持する事に躍起になっている様な国
 を持って、果たして私達はこの先日本を誇りに思えるのでしょうか。

  自分がどういう風に暮らしたいか。どういう国にしていきたいか。
 具体的なヴィジョンを皆で共有する事で開かれていくドアが、目の前でまさに今開こうとしていると捉えて
 はどうだろうか。
  私達は今ハングリー精神一つで物を語れる唯一の時期に来ているのではないでしょうか。
 国がこんなにぼろぼろになっているのにまだ見て見ぬ振りをしようとする政府は、ちょっとやそっとの力では
 動かないでしょう。まして私達がNOを突きつけずに変わる訳は無い。

  話は少しずれますが、各国の中でも日本に対して極めて批判色が強いドイツで、毎日の様に討論や
 ドイツ世論のフィルターがかかった ニュースを知るだけで、正直言うと私の心は折れそうになる時さえあります。
  勿論友人や勤務先の音楽学校、バイト先、地域の方々や知り合いは皆いつも心配してくれているけど、
 厳しい世論は毎日続いているのが現実。
 
  地震を防ぐ事ができない宿命の土地に、それでも原発が必要なのか?

 答えが『必要』なら、何故?
   『必要じゃ無い』なら、どうやって需要と供給のバランスをとるのか?

  今考えずにいつ考えるんだろう。
 皆で一緒に考える為に、より開放的な議論の場だって作らなきゃいけない。

  そんな中、報道の自由も今回の焦点だった。

  東電の隠蔽は既に明らかになったけど、政府が報道を一極化しようと今回も骨を折っていた現実は、
 国民として、どう捉えるべき? じゃあそもそも私達ってなんの為に生きてるの?


  自分達の為に生きてるんじゃなかったっけ。。。。


  Twitterで先日ある人のつぶやきをみつけました(以下本文)
 原発を作ることを助長してきた欲望、事なかれ主義、臭いものに蓋、我が身かわいさ・・・そういうものを
 自分の中から消すことが、原発を消すことに繋がる。
 「脱原発」運動は、「脱今までの身勝手な自分」運動。継続は力なり。
 少しずつでも変わっていきたい(本文終了)

  皆それぞれが違う状況に立っているからこそ浮き上がる、普遍性を確認できる時でもあると思うのです。
 そう思った時に、大切な方を亡くされた被災者の方や、帰る家が無くなってしまって避難生活を余儀なく
 されている方、私の想像なんかとっくに絶する現実に多くの被災者の方々が今日この瞬間直面されている。

  今、抗議したくても出来ない方は大勢いらっしゃるんじゃないか。

  そう思って、出しゃばりだと言わたとしても、自粛ムードがあろうと、私は今の状況に立っている自分にしか
 出来ない事をやろうと最終的に思いました。

  恥ずかしい話だけど、今回の大震災を機に私は色んな事を学びました。
 出来る事と出来ない事が、はっきりした。
 出来ない事を出来る事に変えるには、どうしたらいいか。

  わからない事は、調べる。それでもわからなければ恥ずかしがらずに兎に角質問する。
 意見を交わす。
 違う意見を尊重する。
 自分の意見にもあえてフィルターをかけて検証してみる。
 ニュースは受け取る時に自己判断で価値が生まれるもの。報道を鵜呑みにしないという再認識。

  こういう事を毎日間接的にやっているだけでへとへとになるんだから、生活がその中心にある日本の皆は
 本当に大変だと思う。

  でも、意見を交わす事を躊躇しないで欲しい。
 できれば、もっと活発に自己主張をして欲しい。

  何が必要で、何が不正で、何が大変で、何が素晴らしかったか。

  友人からの言葉が、私の心に一番近い声だと思っています。
 どうか、また一緒に一歩を踏み出せたらという思いで一杯です。
 感情に任せて書いてしまいましたが、読んでくれてありがとう。

  余談ですが私は今、長期に渡ったソロのベネフィットコンサートをプロジェクトとして企画しています。
 色々な会場で出来るだけ多くの方から
 募金を募る事に挑戦します。

  そういう訳で4年間学業中に弾いてきたほぼ全曲を毎週1曲ずつリバイブしていく作業に追われています。
 お蔵入りしそうだった多くの曲の使い道をもう一つ新たにみつけました。
 祈りの曲をメインで弾きます。


 日々の動きはTwitterでつぶやいてます@kepakepaniak

 
 それでは皆さん余震は続きますが、どうかお気をつけて、この時期を生き抜いてください!


  【俺】マリシェフ2011年04月19日

  日本を強く思う気持ちが、離れた地に居るが故、特にはがゆいんだね。

  日本の中でも温度差が多々あるよ。
 安全という視野で議論する時、経済という面で議論する時、ともチャンが苦しむ原発、政治、報道、地盤、余震、
 そして日本という国の事…すべての議論に温度差を感じる。
 被災真っ只中の方たち、2次3次被害に遭っている方たち…。どの立場に居てもベストな答えは難しい。

  ただ、一つだけ共通している思いは、思いの大小はあれ、あの311から、すべてが変わり、すべてがここから
 始まると感じている事だと思う。

  麻薬のような原子力の中毒になっているこの生活もしっかり考え直す時に来ている。
 生活様式すべて変える覚悟でないと乗り切れないだろう。
 そして語るのも虚しい、あの、国民をばかにした政府、東電、保安院の茶番のような対応はほとほと情けないし、
 日本人としても呆れるが、世界から信用されなくても仕方がない。

  ただ、前にも言ったが、今、おんチャンたちがやるべきは、
 「危機管理の鉄則は最悪を覚悟し、楽観的に行動すること。自分の心身が頼りだ。
 福島原発「最悪のシナリオ」はかなりきついが、それでも最悪ではない。関東・東海での次の大地震を覚悟し、
 家具固定と耐震補強で被害軽減を進め、そして何としても浜岡原発事故を抑える。思考停止している場合
 ではない」(副代表の言葉だ!) …との思いを共有して、被災地の支援、地元地域を守る、浜岡を止める。
 先ずこの3つを柱に行動している。
  (その集まりのサイトです… http://www.m-louise.com/syuukai321.html 

  そして何より本業を頑張りつつ、行動する事。そうでなくては東北の人たちに恥ずかしいし、本当に日本は
 沈没してしまうと思う。

  おんチャンの脳内思考比率… http://www.m-louise.com/diary2011.03.html#nounai
  平塚でもめてる七夕について… http://www.m-louise.com/diary2011.04.html#77
  災害時の非常食… http://www.m-louise.com/nhk.or

  等々…、やれる事はやるだけやる。今やらなくていつやる!笑顔の連鎖は必ず東北へ届く!そう信じている。

  外国にいるともチャンたちは、日本以上に風当たりが強いだろうな。
 フランス・リヨンに居る友人も、
 「昨日 友人から言われた・・・確かに東北は世界最大の悲劇を生んだ
  ・・・だけどハイチやインドそして戦争をしているリビアの人たち、アフリカの子供ももっと悲惨だよ。
  と、みんな日本のためにと世界中が躍起になってチャリティーしているけれど、そのほかは忘れ去られている
  と言われた時、凄く言葉に詰まった」
  と、故郷を思う気持ちを通り越した言動に苦悩している。

  ともチャンも大変だろうけど、頑張ってくれ!
 こっちも頑張るぞ!何かあったらチアキもちゃんとみとくから安心せい!そして、ドイツの情報もどんどん送ってな!

  (追:被災地の、あの力強く優しい日本人の姿も、東北人だからかな?とも思う。
     大阪や首都圏だったらあんな風に誇れる行動がとれていたかどうか?
     昔から辛い土地柄に居る強さと優しさと感じない?)

  【娘】piccolina2011年04月20日

  おんちゃん

  私は日本で大変なおもいをしている訳ではないのに今皆がそれぞれに体験してる『見直し』だけは起きていて、


>すべてがここで変わり、すべてがここから始まると感じているんだよ。

>麻薬のような原子力の中毒になっているこの生活もしっかり考え直す時に来ている。
 生活様式すべて変える覚悟でないと乗り切れないだろう。
 そして語るのも虚しい、あの、国民をばかにした政府、東電、保安院の茶番のような対応はほとほと情けないし、
 日本人としても呆れるが、世界から信用されなくても仕方がない。

  これは逆境以外に、なんだろう?

  続く震災は、来ると思う。どう考えても、統計や歴史を調べても、私達の元にも関東直撃の震災は起きると思う。
 凄く乱暴な言い方になってしまうかもしれないけど、その時までに浜岡原発を止める事は必須課題だし、
 それに伴う制約の覚悟も必要だと思う。

  そう思うと、これはきっとまだこれから来る災害への暗示も含まれていて、今回東北で被災された方々が盾になって
 くださったとしか思えない。だからおんちゃんが言う、東北の方に申し訳ないって気持ちは凄く共感する。
 これは逆境の教えだと思う。
  自然が厳しい東北の方だったから一大事に力強く優しい姿だったのは、多いにあると思う。
 でもそこを今議論してもしょうがない。まずは自分たちも出来るって信じなきゃ、出来る事も出来ない。

  今また弾き始めたんだけど、その活動も、政治への関心も、毎日全ての活動が、自分を自信で満たす為。
 きれいごとに聞こえるかもしれないけど、毎日何か行動していないと、恐怖につぶされそうになるから。
 せめて気だけは強く持っていたい。そう思って、自分に出来る事を一つでも増やそうって毎日動いています。
 七夕の件、激しく同意。
  仙台はやる意向なんだね。平塚はそもそもなんでやらない意見が出たんだろう?
 それこそ強気の仙台をサポートする意味でも、一緒に何かできないか意見を募る事の方が先だよね?

>被災地の支援、地元地域を守る、浜岡を止める
  この3本柱に焦点を当ててるんだね。思考を止めてる場合じゃないね!

  おんちゃんは長く続けてきた自分の分野があって、地域と深く密接に繋がっているから、情報発信力や、
 影響力、繋げる力、コミュニケーションに長けているいる。
 私に出来る事があったらいつでも何でも言ってください。
 反対に私にも何かアイデアがひらめいたら、おんちゃんが最初の人です。
 地元で活発に活動するおんちゃんを心から尊敬しています。

  きっと、私の折れそうになった心を気遣ってドイツのニュースもよろしくなって言ってくれたんだと思う。
 どうも有り難う。でも心配しないで!私には隣で守ってくれる人が居るからその点で本当に家の千晶も、
 まとめてよろしく頼むね!笑


  【娘】piccolina2011年04月20日

  そんな中、今日こういう記事を目にしました。

  http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=1576175

  
【俺マリシェフ2011年04月21日
  たけしか、誰か言ってたなぁ、
  「2万人の死んだんではなく、
   一人の死が2万件あったんだ」と。

  我々は精神科医ではないから、一人一人の死に入り過ぎると、自分も壊れてしまう。
 別に目をそむけるというのではない。ともチャンも、おんチャンも大切な人との別れを経験して、
 少なからずその心の変遷は理解できると思う。
 ただそれを考え過ぎて、歩みを鈍らせてしまうのはどうかな。

  話は違うけど、トモちゃんおんチャンのやり取りを、マリーの日記に載せるよ。
 まずかったら、連絡ちょうだい。

  
【娘】piccolina2011年04月22日
  おんちゃーーーーん!

  おんちゃんと時を同じくして、大切な大切な人物の死を経験して、何年も何年もずっと上を向けなかった。
 本当に、一度自分はぶっ壊れた。だから

>ただそれを考え過ぎて、歩みを鈍らせてしまうのはどうかな。

  と私に言ってくれたオンちゃん。
 今やっとそこからまた出始めて頑張ろうとしている私の背中が押された気がしたよ。

  オンちゃんの思いは私の心の底を暖かく包んでくれている。
  独りじゃない。
  これだけが、今の自分の唯一の頼りです。
  本当にありがとう。

  私の言葉で良かったら、いつでも大歓迎です。
  オンちゃん大好き!私の第2の父。。。

  ・・・・・・・・・・・・・・

 
 みんな、頑張っている・・・。そして考えてる。悩みながら自分の出来る行動を・・・


2011年4月19日(火) No.330
プロフィール

出演者プロフィールのご紹介UPしました!

      「 届け東北へ!鎮魂の舞い 」 世界で闘ったダンサーの思い…
    

    ・


    ・

    ・
オペラ歌手大森みさお ミュージカル俳優…溝渕俊介 ダンサー…永木 藍 ダンサー…永野亮比

4月26日(火)PM4:30〜6:00 チャリティーライブ 入場料全額義援金となります

今日の時点で、残席10〜15席程です。お早めにご連絡下さい!
2011年4月18日(月) No.329
人物風土記

 
コチラでのUP忘れてました。14日のタウンニュースで紹介して下さいました。目じりのシワが…タウンニュース・ 

2011年4月17日(日) No.328
鯛ご飯

鯛ご飯、んまかった〜!シゲちゃんご馳走さま!そして、有志会のみんな、ありがとう!

 
料理人がズラッとカウンターに並び、熱い視線を浴びる中、流れるような手際のよさ。流石シゲちゃん、職人!
  
  
美味しいお出汁の煮浸し、筍、稚鮎…そしてシャウエッセン!http://twitpic.com/4lmb9c
 
2011年4月15日(金) No.327
贅沢なリハーサル

いやいや贅沢なリハーサル観賞。鳥肌がたちました。これは当日が楽しみです!
4月26日(火)PM430〜6:00開催のチャリティーイベント。
「 届け東北へ!鎮魂の舞い 」 世界で闘ったダンサーの思い…

     
     
あと、もう一、二回リハするそうです。それにしても、皆とても真面目で、熱い!
  
リハ終え一服…永野亮比己クン、溝渕俊介クン、永木 藍サン。今日はダンスリハで、大森みさおこサンは来られませんでした。
僕たちの思い、東北へ届け!頑張ります!ヾ(^▽^)ノ  私たちのプロフィールです←
  
シェフはチョッと浅利慶太?気分(^_-)-☆たぶん、トンチンンカンなこと語ってたんでしょう…(笑)

2011年4月15日(金) No.326
七夕について

  七夕について少しだけ…

 俺の意見は、絶対実施するべき! それも、ただ実施どころか、今まで以上の七夕になって欲しい。
 
  規模を大きくするという意味だけではない。全市を巻き込んだ、前例にとらわれない斬新なものになって貰いたい。
 想像力溢れるアイディアは、皆さん沢山お持ちだと思う。市民の方々に広く募集するという手もある。

  結果的にクリアできず縮小や見送りの部分はあって仕方ないが、沢山の意見を出し合って議論して頂きたい。
 中止や縮小を前提にした話し合いでは、いい案が生まれるはずがありません。
 こんな時期だから、後ろ向きになってしまいがちだけど、平塚市民はそんなヤワではないと確信しています。

  結構早い段階で 仙台がやるといってるのに平塚がやらないなんて…こんな情けない事はありません。
 平塚七夕の前身は戦後の「復興まつり」が始まりときいています。今まさに戦後といっても過言ではないでしょう。

  今までの七夕に否定的だった方々の意見も取り入れて…。商店街だけが云々、露天商の問題云々、沢山の
 不満や疑問を払拭して、経済云々だけでない平塚の文化としてのお祭りに生まれ変われる絶好の機会です。

  特に今回は、新しい七夕が生まれ変わり、また仙台との、より深い交流が生まれ、仙台、平塚市民にとっても、
 とても意義のある開催になると思います。
  
  開催の形、方法もさることながら、それに関連する案も沢山出ています。
 今、俺の所属する『災害から未来(あす)を守る会(代表・能勢康孝』の会議で出た案のひとつは、

      ◆仙台七夕祭りとの交流・・・(勿論先方の実行委員会と綿密な連絡を取り合いながら)
            ○呼ぶ…7月の平塚七夕祭りに、仙台の子どもたちを招待する。
                    楽しい交流事業、ホームステイ・・・
            ○行く …8月6日〜8日の仙台七夕祭りに、みんなで行く。
                    平塚の七夕飾りを小中学校に送り、飾ってもらう。
                    仮設住宅を訪問して唄を歌う等、各団体の特性を活かした交流…
                                                               ・・・等々。

  もうひとつ、俺の所属する『平塚市料理飲食業組合連合会』でも、役員会全会一致で賛成しました。
 近々、七夕実施賛成の声明が出ると思います

   平塚は、近隣に比べイベントやお祭り系の催しが特に多い街だと聞きます。これから各団体から、
 同じような趣旨のものが沢山出てくるでしょう。 
  この際、今回のこの七夕に、一度パワーを集約するのも一案かと思います。
  
  ただ必要なのは、無駄な予算を出さない事。そこはしっかり市民がチェックするべきです。
 通年出されている予算の6千ウン百円の内訳も改めて見直す事も必要です。
  見方を変えれば、節約云々ではなく予算等も、出来る限りかけない方法も検討すべきです。

  後はこの気概をけん引してくれるリーダーの存在が不可欠です。

  今まで経験した事のないこの大変な時期に、これまた大切な選択が重なって、とても難しい時期ですが、
 ここはしっかりと自分の目で、考えで、今回の七夕に向き合うべきだと思います。

 (追 : ただ、ひとつ懸念しているのが、開催までの準備期間がどんどん無くなっていくという事・・)・


2011年4月10日(日) No.325
先月から今日まで…
4月になってもいろいろ有り過ぎ(>_<)。今日から順に振りかえる…  
今日10日、 今回で一周年を迎える平塚南口元気市「SunSunマルシェ」に、「南口有志会」が特別参加!
各6店の美味し〜いオリジナルカレーを会場でMIX!6店の味が一体となり、6倍美味しいカレーに変身!?
みんなの思いがひとつになって東北へ届けと、売上全額義援金にてお届けします。
【 参加店モトロッソ&アッシュXエム、いしけん、nonona、メッカ、ヴァーミリオン、マリー・ルイーズ 】 


会場30分前、参加者全員で円陣を組み、相山くんの熱〜い挨拶のもと、元気印の思いがひとつに・・・

サンサンの方々のご厚意で、真ん中のメインの場所を提供して頂いたおかげか、行列が出来るほど。11時半には完売です。
ビーチバレー日本代表の田中姿子さん提供の、「ガンバロウ東北シール」を貼って、気合い充分!
行列の模様の写真が、提供に大わらわで撮れませんでした。後方で盛り上がる「唄声サンサン」の模様も…(>_<)

子供店長の、「ぼきん!、おねがいしまぁ〜す!」の声にオジサンも燃えました。 FMナパサ、ガラさんもインタビューに・・・

集まった義援金は、「サンサンマルシェ(代表・臼井照彦)」から、
「災害から未来(あす)を守る会(代表・能勢康孝)」に託され、被災地へ届けられます。

 ☆ 

  7日(木)はNHKからの依頼で、マリーの「非常食メニュー料理教室」を紹介したいというので、取材を受けました。
 放送は翌8日(金)、NHK総合TV【首都圏震災ニュース・PM5:00〜6:00】と【ニュース・PM7:00〜】の番組中で紹介とのこと。
 やはりこの時期の報道番組だけあって【ニュース】は、枠がギリギリで放送微妙と連絡が入り、【首都圏震災ニュース】の
 のみ、5:45頃から2分弱くらい紹介してくれました。

  後日、NHKから、「見た目も綺麗でとても美味しかったと、記者からも聞いております。チャリティーライブについても、色々な
 方が「自分たちにできること」という視点で、ボランティアだったりチャリティーイベントだったり、募金だったりと奔走されています。
 そうした動きを、少しずつでも長い目で伝えていきたいと思いますので、今後とも何か動きがありましたら、ご連絡いただけたら
 幸いです。本当にありがとうございました」と、嬉しい連絡が届きました。
  今の時期、こういう事がきっかけで防災の意識が高まってくれると、今までやってきた事のかいがあるというものです。
 
  そんな中でビックリしたのが、さすがNHK。放送数分後に、アメリカNBCから電話があり、取材の問い合わせが(*_*)
 また連絡しますと言っていたが、実際あるかないかは別として、NHKの影響力に驚きです。

 NHK非常食料理 

 ☆ 

  そして、今回きつかったのは、今月初旬に、俺の料理の大師匠、水口の親父さんが亡くなったと5日に連絡が入った事。
 通夜、告別式が6日と7日。NHKの取材はもとより、この両日は団体が数組予約がはいっており、どうしても伺えない…。
 そんな時、昔の親方や仲間との連絡の最中、親父さんの娘さんから電話が入り、先月、地震直後にお電話を差し上げた
 事に、親父さんがとても喜んでおられたと言われ、葬儀は無理なさらないで下さいと、お気遣いの言葉まで頂いた。
  今は、目の前の事を一生懸命やる。それが親父さんの一番望んでいた事だと信じる。それが最良の弔いだと…。

  葬儀後、名古屋の親方と、先輩がわざわざ平塚まで来てくれた。当然、夜遅くまで(朝早く?)、親父さんの弔い酒。
 ムッシュと先輩と語り明かしたその答えは、親父さんの残した唯一大切な言葉・・・三人が共通した思いだった。
「料理人である前に、しっかりとした、いち社会人となりなさい」
この後、いしけんサンに伺い、結果、平塚に泊まり・・・。後はご想像通り・・・
親父さん・・・ http://www.m-louise.com/diary08.1.html

 ☆ 

そして、先月からの流れ・・・
             3月15日(火)  防災団体・有志緊急会議(SCN)
             3月18日(金)  緊急防災集会準備会マリー・ルイーズ
             3月18日(金)  料理飲食業組合連合会・事業部、広報部委員会(マリー・ルイーズ)
             3月21日(月)  緊急防災集会(平塚商工会議所)
             3月22日(火)  料理飲食業組合連合会・役員会
             3月24日(木)  料理教室「サロン・ド・ルイーズ」
             3月25日(金)  料理教室「サロン・ド・ルイーズ」
             3月25日(金)  第一回家具固定・簡易トイレ製作講習会(市民活動センター)
             3月26日(土)  第二回緊急防災集会(市民活動センター) 
             4月 1日(金)  第二回家具固定・簡易トイレ製作講習会(市民活動センター)
             4月 2日(土)  第三回緊急防災集会(市民活動センター)
             4月 4日(土)  チャリティーライブ打ち合わせ
             4月 6日(土)  チャリティーライブ出演者打ち合わせ
             4月 7日(土)  NHK取材
             4月 8日(金)  拡大世話人会(マリー・ルイーズ)
             4月 9日(土)  第四回緊急防災集会(市民活動センター)
             
             ◆ 神奈川新聞 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103220024/
             ◆ しお風つうしんブログ http://shiokaze.hama1.jp/e900994.html
             ◆ タウンニュース・非常食 http://www.townnews.co.jp/0605/2011/03/31/100502.html
             ◆ タウンニュース・会議   http://www.townnews.co.jp/0605/2011/03/24/99889.html

             ・・・&、先月の日記 
http://www.m-louise.com/diary2011.03.html

 ☆ 

あの、3月11日から
すべてが変わった。そして、始まった・・・


 ☆ 

明日、4月11日。俺にとっても人生の後半が始まる決意の日だ。
意味深だが、気になる人は、直接、俺に訊いてくれ!


 …守る会・平塚  NHK非常食料理  鎮魂のライブ  応援メニュー  言霊
TOP 店内 MENU 料理 人・素材 イベント1 イベント2 活動・1 MEDIA.etc 料理教室 食彩 SPICE!
日記 日々…twitter yukitwi movatwi mixi Facebook Ameba Yahoo triades オーレ! ぶらり

 ●
住みたい街がきっと見つかるエリアガイドi・toto」というサイトの名店散策というコーナーで紹介されています
テレビ朝日の
スーパーJチャンネル「東京見聞録」
でマリーが紹介されました。(撮影模様はコチラ←
只今、Media Spice!≪メディアスパイス≫でも紹介されています。≪葱料理≫  ≪オマール海老≫

テレビ朝日『食彩の王国』で紹介されました(詳しい内容は←)(番組ホームページは←(YouTubeでも
はだのや's & SUNSUNマルシェ
音と衣と食の和音 ≪トリアード≫Triades
HOMEに戻る  「シェフの小部屋」タイトルに戻る