湘南フレンチ 2008 ・4月「マリールイーズ」シェフの小部屋 フレンチレストラン
4月のお休み・・・7日(月)、14(月)、21(月)、28日(月)となります。《移転のお知らせはコチラ
今月の料理教室は、⇒ 23(水)24(木)25(金)の3日間です。    (コチラもクリック)  
今年のマリー・ルイーズ・フェアは、5月22日(木)です      (詳しくはコチラ)

2008年4月28日(月) No.121
男のグルメランチツアー?
 早速、先日のイタリア料理研修ツアーのご報告。(これは「男の・・・」とは別口デス)
先日、ディナーを早終いして平塚・花水台にある「アクア・フィオーレ」さんにお邪魔してきました。

 以前から伺いたいと思っていたのだが、「アクア・・・」さんも「マリー・・・」と同じ、月曜定休日。お店意外では
会うのだが、先日も居酒屋さんで、「お互い行きたいね」と、一杯酌み交わしたばかり♪(^з^)ノ∪☆∪ヾ(^ε^)
 それなら、暇な日に早終いして、行ってしまえ!と、ラストオーダーぎりぎりにお願いして、コース料理を用意
して貰う事にm(_ _)m  ・・・と、下の写真が満腹、満杯、大満足のみんなと、梶山シェフを囲んでのパチリ!

 この日頂いたのが、毎月イタリア各地の地方をテーマにした、「イタリアグルメツアー」というシェフのお勧め
コース。料理に夢中、会話に夢中で、料理の写真を撮り忘れてしまいました。(まっ、それが一番ですけどネ)

 お互い同じ定休日で中々伺えないけど、「同じ定休日なら一緒に食事行けるね」と、これから休日を利用して
の「男のグルメランチツアー」を企画。
 早速今日の月曜日予定していたが、梶山くんは、今日は仕込みが溜まって休日出勤!(*э*)
残念だったが、次回の決行を約束して、今日のランチは、男二人で平塚・松風町の「アッシュ&エム」さんに
お邪魔してきました。

 むさ苦しい三人組?にカウンターを占拠されずに、シェフの菊池クンはチョッと安心していたみたいだが…。
それでも充分むさ苦しい二人?は、スペシャルなランチコースを頂き、大満足(^口^) '`,、'`,、'`,
さぁ、次回はどこに出没するか…。「男のグルメランチツアー」、楽しみです。
 今回、ヒー子は来れなかったが、現在兵庫に就職しているOBナオコが、丁度この日に久々里帰り。
急きょ誘って、飛び入り参加!C'etait meilleure occasion !!!
☆  ☆  ☆
今号(No.044)の、神奈川発のフリーペーパー「Media Spice!/メディア・スパイス」で紹介されています。
「SAKANAが生み出す美のチカラ おいしい魚のレストラン」という特集で、P5 と P7で登場しています。
2ヶ月くらい配布されていますので、見かけたらご覧になってください。
(もちろん「マリー」にもありますよ)
No.121
2008年4月25日(金) No.120
今日はサロン紹介のみ…
 今月のサロンも無事終了しました (*^ー゜)v
今回は画像のみパパパッとご紹介!チョッとお疲れなので、文章は又次回に・・・!
4月の「サロン・ド・ルイーズ」
春の簡単惣菜ブランチ3種 若鶏のガランチーヌ サブレフロマージュ
☆  ☆  ☆
今回も、皆さんに一杯お手伝いをして頂きました。

やっぱり会食タイムが一番?

毎回楽しい会話が飛び交います。

今回は、先月の研修生が
お手伝いに着てくれました。
有田さんと、同期11期生の二人。

マリーのお姉さま二人は、
後ろで温かく見守っています。

☆  ☆  ☆
そして、いつもいつもサロンメンバーの方々がマダムにお土産を。
お花やお菓子、などなど・・・。皆さんありがとうございます!

サロンの詳しい内容は、カルチャーの部屋にUPします・。



美味しそうな「マテ貝」もご紹介。
☆  ☆  ☆
 まだ他に、平塚「アクア・フィオーレ」でのイタリア料理研修ツアー等々ありますので、また次回、ご紹介します。
今日はこんなところで…。おやすみなさい。(σω-).。o○
No.120
2008年4月22日(火) No.119
朝っぱらから・・・
 只今、朝6時。  
昨日の休日、UPしようと夜中頑張っていたが、途中でダウン <(××)>ξ
そのせいか?、今朝は爽やかな目覚め ☆(^□^*)☆ 
今週の料理教室のメニューも紹介したかったので、朝っぱらからPCの前デス。

 爽やかな週初めの朝、さぁ、今週も頑張っていきましょう!

☆  ☆  ☆
4月の料理教室のテーマは、『ピクニックメニュー』。
前菜は、ヘルシーで栄養バランスを考えた、簡単に出来る「洋風お惣菜風」にしてみました。
地中海薫る、卵とお魚料理と、ビタミンたっぷりのサラダと共に!
メインは、肉を余すところなく食べようというフランス伝統料理のひとつ「ガランチーヌ」を、
今回はクラシックな手法で調理。冷・温、両方の楽しみ方を伝授します。
デザートは、お気に入りの形にラッピングすれば、ちょっとしたプレゼントにも…
手作り惣菜を、お気に入りのバスケットにたっぷり詰めて、心地よい春風とともに野山の
息吹を体いっぱい浴びながら、春の穏やかな陽射しの下で、こころもおなかもたっぷりと満足
させましょう!休日の遅い朝食ブランチなどにもピッタリですよ!


4月の「サロン・ド・ルイーズ」
・・・・・・・☆・・・・・・・
Petit dejeuner lent du printemps

春の簡単惣菜ブランチ3種

・・・・・・
(スペイン風オムレツ、エスカベッシュ、カロチンサラダ)・・・・・・
・・・・・・・☆・・・・・・・
Galantine du poulet
若鶏のガランチーヌ
温製クリームソースと、冷製ジュレ ピクルス添え
・・・・・・・☆・・・・・・・
Sable Fromage
サブレフロマージュ


只今のキャンセル状況は、水曜日と金曜日に1人は入れるかな、という感じです。
教室の風景は、また後日!

☆  ☆  ☆

 先週、お客様から電話があり、「自宅の庭で茸が採れたので料理してほしい」との依頼が。
お話しの内容では、多分「モリーユ」らしい。
料理してもいいのだが、お客様の笑いが止まらなくなっても困るし、前日に持って来て貰うと、
立派な国産モリーユ。(チョッと大きいかな) 和名は「あみがさ茸」。フランスでも貴重な「春の茸」。
ちなみに、乾燥モリーユは1キロ10万円。フレッシュでも1キロ8千円位する、高価なキノコなんです。

早速味見をしてみると、少し香りが弱いかな。でもイイ食感。持ち味を活かすため、こんな料理にしてみました。

味を補うために、リ・ド・ヴォーとデュクセルをあわせたファルスを詰め、エテュベ。キュイッソンにイイ味が出ました。
相性のよいクリームソースに仕上げ、白アスパラとフォワグラを添えて、春の一皿に!
 コース料理で二皿目の温前菜としてお出ししました。「美味しいッ!」と、感嘆の声を上げてらっしゃいました。
写真もパチリパチリと…。このお客様の喜びの声がたまりません!料理人冥利に尽きます。

 皆さんもキノコに限らず、お魚や野菜など、お気に入りの材料をマリールイーズ風にという方は、気軽にご相談
下さい。シェフが喜んで料理します。美味しい料理で幸せになるって、いいですよね (*^ー゜)v

No.119
2008年4月15日(火) No.118
喫茶・スナック・レストラン展

 只今、神奈川県喫茶飲食生活衛生同業組合主催の「喫茶・スナック・レストラン展」が開催されています。
期間中、お店は営業のため出席できないので、前日の定休日を利用して設営のお手伝いに行って来ました。

 晴海や、ビッグサイトなどで催されているような国際ホテル・レストラン・ショーと比べたら失礼ですが、
神奈川県では、37年の歴史を誇る、ローカル…レストランショーの星なんです!?
地産地消同様、地場産業の発展も大切です。規模は小さいですが、様々なブースがあって楽しいですよ。

 期間は、4月15(火)16(水)17(木)の三日間、場所は、横浜・産業貿易センタービル1階展示場です。
期間中、マリーのスタッフもお手伝いに行ってます。16日はトモchan、17日はカオchan がお手伝いをしています。
 もし行かれたら、声をかけてやって下さい。(多分、パンを焼いているかも…?)

☆  ☆  ☆
 例年のごとく、記念品、抽選品等の搬入、袋詰め設置、ポスター貼り…等々、やっぱり、今日は筋肉痛でした。
会場に張られたポスター。いい仕事してるでしょう?景品やお土産もいっぱいありますよ。もちろん試食も…!
 理事長の八亀さんと、事務の藤井さん。いつも色々とお世話になってます。
(レア情報…八亀理事長は御歳70ウン歳。この若々しさ、実際にお会いするともっと驚きますよ)
No.118
2008年4月10日(木) No.117
遅い日記・・・
 やっぱり3月は春の珍事でした。4月になったらすっかり落ち着いてしまいました。(苦笑)
う〜ん、商売って難しい!
 お店に入れずお断りする日などは、お断りしたお客様だけで一日二日は営業出来そうなくらいなのに…
皆さん、「食べたい、行きたい」と思う時は重なるのかなぁ…。まぁ、これが商売の難しいところです。
例年4月の前半は新年度、新学期の時期の為、静かなのだが、先月が怒涛の珍事だったせいか、特に感じるのかも?

 先日の月曜日は、ぐずつきがちな天気だった事もあり、家でゆっくり休んで、溜まっている事務仕事をこなしつつ、
久々にたっぷり日記を書こうと思っていたら、又々急用ができてしまい、途中断念(´□`;)

 そんなこんなで、休日にたっぷり書いた日記をアップできず、今日完成。
月曜日に色々書いてありましたので、ゆっくりご覧下さい。

 先月忙しかったのは、歓送迎会やお祝い関係も多かったが、「サライ」で取り上げて頂いたせいもあったかな。
サライの読者層である年齢の方が多く、そちらの関連の方々も結構おみえになられた。
もともとマリールイーズのお客様は年齢層が高いのだが・・・。
 そんな中、NHKの番組制作の方も来店され、「今度、城山三郎さんの特集をハイビジョンの2時間番組で企画して
いるので、お話を・・・」と。
 ランチが忙しかったので、再度夕方みえて、「作家・城山三郎氏」としての番組や特集はたくさんあるので、今回は、
城山夫妻にスポットをあてて、奥様の容子さんとのことを中心に制作されるらしい。
 娘さんの紀子さんが、「二人のことなら、平塚のマリー・ルイーズにはよく行ってましたよ…」と、紹介して下さり取材
に来られたのだが…、プロデューサー曰く、「今回の取材では、城山さんと奥様の、お二人のことに関して知っている
方があまりいらっしゃらなくて・・・」と、困っておられた。
 これからどうなるのか分かりませんが、進展がありましたら、又ご報告します。
雑誌や本等の取材でも、半年近く前から準備されているから、テレビだったら1年先の話かな?

 そして、ここのところ「サライ」がらみかどうかは分からないが、「かたつむり…」への関心が結構多く、いろいろな
方がみえて、 たくさんの貴重な出会いをさせて頂いた。
 同じように伴侶をなくされた方、連れ合いが同じような病になったという方、等々、様々なルートで調べられたり、聞き
伝わってみえられたりと、お客様という枠を越えて、温かな出会いがたくさんあって、店の慌ただしさとは別に、嬉しい
忙しさだった。

 電話での問い合わせも多く、都内の某出版社からは、「ぜひ社内で読ませて貰いたい…」と依頼があり、送って差し
上げると、数日後連絡があり、「原稿審査担当部門にて検討した結果、全国出版に向けて、云々・・・」との資料を
たっぷりと送ってきた。
 社内の担当委員たちで「かたつむり…」を読まれ、その作品講評を綿々と述べられて、ぜひ、しかるべき形に整え、
全国に送り出して貰いたいと…。そのバックアップは、某出版社がすべてサポートするからと…。
 本の内容について、身に余る講評を頂いたが、「かたつむり…」は、そんなつもりで書いたのではなく、お送りする
時に、その旨を伝えておいたのだが・・・。

 「かたつむり…」については、今現在でも、俺の中で大きな矛盾を抱えている。
多くの人に読んで貰いたい。でも、プライベートな事だし、マダムの人生や、二人の人生を売り物にはしたくない・・・。
それなら、何で本にしたのか・・・。今でもまだ自分の中で矛盾を感じる時がある。

でも、・・・その時は夢中だった。
 俺が妻の事を書いたのは、彼女の事を書き記したいという想いと同時に、書くという作業で俺自身が少しでも早く立
ち直りたい、乗り越えたいという一心だった。
 辛い気持ちを少しでも心の隅へ追いやり、仕事や他の事へ集中しようとすると、ほんとうにいないんだ…と、現実
を認識した時に襲ってくる、強烈な喪失感と悲しみ。もっともっとやるべき事があったのではないかという罪悪感。
彼女が望んでいたとはいえ、両親にも親戚にも、友人にも、ギリギリまで伝えなかった事への申し訳なさ。
…すべてから逃れるように、あえて書くというその苦しみの中に身を置きたかったのかも知れない。

 書き上げた時は、写経を何万行も書き終えたような心境で、これで終わった、これで前へ進めると・・・
何かやり遂げた感に満ちていた。

 ところが、出版して半年1年過ぎた頃から新たな悩みや疑問が芽生え、何でこんな事まで書いたのだろう、もっと
もっと彼女の事を書けなかったのか・・・、何か自分史みたいになって、自己満足の塊じゃないか・・・と。

 ある雑誌に、「自身の事や体現を書き下ろすある種の作家は、自身の身を削る事だ」と、書いてあった。
城山さんがおっしゃっていた通り、思い入れが強すぎて客観的に振り返れずに書くと、こういう気持ちになるのか。
 まして、物書きでもない素人が書くということは、いっ時の自己満足に終ってしまうのではないか・・・、と。
たくさんあった疑問や想いを、城山さんに伺いたかったのだが、今となっては残念でならない。

 そんな葛藤も、今では、書いてしまったんだから仕方ない。実際書いている時は、自分自身、真摯に
向き合い、本音で書いていたのだから卑下する事はないと自分自身に言い聞かせている。

・・・と、色々書いたが、この様な気持ちを伝え、某出版社には、当初書いた趣旨とは違うので、という事でお断りした。

 出版社の方は、「商業目的ではない。いい本だからぜひ…」と、おっしゃって下さったが、やはり二人の
人生が売り物にされるようで、気がすすまない。
 「即答ではなくても、またゆっくり向き合えたらまた連絡ください」とのことで、話しは終わったが、
冷静に考えれば、今は、そんなことやっている場合じゃないだろう!…ていう時期でもありました。

                            
●●●●●●

 あらためて、前回の日記の「お知らせ」では、驚かせてスミマセンでした。
あれからたくさんの方にお問い合わせを頂き、恐縮しております。皆さんご心配され、申し訳ありませんでした。
 お客様はもちろん、友人知人、あちらこちらからお電話や、お手紙を頂き、この段階でお知らせするにはチョッと
早まったかな?という心境…。

 移転とは、次の移転場所が決まってこそ移転なので、まだ、お伝えするのは早いかとは思ったのですが、9月に
退去する事は決まっていますし、これから半年、どのような形で進んでいくのか未知数ですが、その流れをお伝え
するのもいいかな・・・と。
 二三、候補は上がっているのですが、より良い移転先に移る為にも、工事を含めて退出期限2ヶ月前の7月ごろ
までは、ここでもいいか…的な決断だけは避け、色々検討したいと思っています。

 まぁ、楽しみながら進んでいきますので、温かく見守ってやって下さい。
去年は考え過ぎて、たっぷりとへこんでましたから。(-_~-)(泣笑)
 このことは随時書き込みますので、ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。
予定を少し・・・
今年5月の梅屋・地下街での「マリー・ルイーズ・フェア」の日にちが決まりました。
平成20年5月22日(木)に決定です。
                                        また近くになりましたら、ご報告いたします。
今月の「サロン・ド・ルイーズ」は、23(水)、24(木)、25(金)ですが、只今満席となっております。
50数通案内のDMをお送りして、現在2名しかキャンセルがありません。
 今月はチョッと大人数になりそうで・・・。キャンセル待ちの皆様申し訳ありません、もう少しお待ちを・・・。
4月、5月は各組合、団体の定時総会が目白押し。また、資料作りや役員会に忙殺されそうな気配。
今期からは、この手のお手伝いは減らしたいと思っていた矢先に、またまた某団体の副委員長の依頼が・・・。
今回ばかりは固辞しなければ!
 また、間が空きそうな気配ですが、たまに覗いてみて下さい。それでは (*゚ー^)ノ
No.117
2008年4月1日(火) No.116
重要なお知らせ&近況…
 いやぁ〜、こんなに間が空いてしまって…。ご無沙汰中のご無沙汰でした。
今回は、大事な大事なお知らせがあります。これはのちほど・・・。今年は出足からいろいろあったのですが、
この3月もてんこ盛りでした。一番大きな出来事はのちほどとして、先ずは近況を…。

 この3月はお店の営業が怒涛の忙しさ!
歓送迎会等の貸し切りや、団体のご予約も多く、また例年、卒業、入学、就職と、お祝いの席が多いのもこの時期
なのですが、今年はほとんど毎日のように…。これは、どうしちゃったんだろう?・・・って感じ。
人気の「お祝いプレート」も毎日毎日5,6枚は描いている状態でした。
 通常は2,3日忙しい日が続いてもそんなに長くは続かず、1、2日は暇な日をはさむので、その間に何とか仕込
みの帳尻は合うのですが、只今厨房2人ということもあってか、連日帰宅は翌日…という有様。
 嬉しい悲鳴なのですが、チョッと異常な感じでした。
こんな状態が1ヶ月も続くなんて…、これは春の嵐というより、春の珍事か?
 (4月は新学期、新年度が始まるので、この珍事も、もう落ち着きそうな気配? これもまた寂しいことですが…)

 そんな合間に、様々な私用、公用、雑用?が入り、より慌ただしさに拍車がかかってしまいました。
別に、何でもかんでも受けているわけではなく、依頼された時点では空いている日を選んで予定に入れたのですが、
予想が大きく狂ってしまい・・・。
 お手伝いをさせて頂いている様々な団体や会への出席や、雑誌、メディア等の取材等が今月は目白押しでした。
この内容は、近々に改めてご紹介します。

 そんな訳で、なかなか写真が撮れなかったのですが、先日行われた当自治会での「春まつり」の模様だけでも・・・

八重咲町自治会『春祭り』 災害備蓄保存食の試食
主催:八重咲町自治会  協力:平塚市料理飲食業組合連合会 災害時協力委員会
桜満開、好天の下、たくさんの近隣住民の方が来場されました。地元TV局も取材にみえて・・・
 3月29日。この日のお店は土曜日でランチは予約で満席の為、7時から店の準備を済ませ、8時半に祭り会場
へ行き、災害備蓄保存食の製作。地区の防災担当の方々にお手伝いをして頂き、10時半試食スタート。
 12時から予約のお客様がみえるので、15分前まで頑張り、お店へ直行。この時点で100人前近く用意した
料理とお菓子はほとんど完売状態でした。市内他地域の自治会の方も、お手伝いや視察に来て下さり、試食
された皆さんにアンケートも書いてもらい、喜びや感謝の言葉を頂き、先ずは無事終わってひと安心。
☆  ☆  ☆

 ・・・と、ただでさえ忙しいのに、今月は大きな大きな問題が同時進行でした。
もっと早くお伝えしたいと思っていたのですが、なかなかPCの前に座ることもできず遅くなってしまいました。

重要なお知らせ
 マリー・ルイーズは、
今年の9月をめどに、移転することになりましたので、
ご報告申し上げます。

 この詳細は、別の部屋にまとめてありますので、ご覧下さい。(詳細はこちらで)

 こんな大騒ぎな事がありながらの3月でしたので、お許し下さい。
この件は、随時ご報告いたしますので、これからも宜しくお願い致します。
No.116
店内 料理 イベント 楽しいカルチャー 川崎デザイン
平塚・人・素材 いろいろな活動 メモワール シェフの小部屋 Kds-Net

              2006年の日記…4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2007年の日記…1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
              2008年の日記…1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 19月 11月 12月

HOMEに戻る  「シェフの小部屋」タイトルに戻る