湘南フレンチ 2008 ・2月「マリールイーズ」シェフの小部屋 フレンチレストラン
2006年の日記…4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2007年の日記…1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年の日記…1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 19月 11月 12月
 ◎ 2月のお休み・・・4、11、18、25日となります。
平成20年1月17日(木)平塚市防災フォーラム、無事終了!写真、追加しました。  (コチラをクリック)
今年最初の料理教室は、⇒ 20(水)21(木)22(金)の3日間です。    (コチラもクリック)  

2008年2月25日(月) No.114
サロンドルイーズand・・・
 2月になっても、いろいろありました。
先月、大切な人との別れで辛い思いをしましたが、今は何か上のほうが賑やかになっているような気配もして・・・
永遠の別れや、事故、怪我、入院と、立て続けにあると、結構まいります。
 そんな中でも、おめでたい出来事や、嬉しい知らせもあったりと、人生っていろいろあって忙しいですね。
そういう時期に限って、お店の忙しさも含め、様々な仕事や問題が重なるんです。(厨房スタッフの欠員等々・・・)

 まぁ、そんなこんなでいろいろありましたが、忙しさもひと段落。
早速、写真つきでご紹介といきましょうか。先ずはサロンドルイーズから・・・
☆  ☆  ☆
 2008新年度、第一回目の料理教室も3日間無事終了!皆さん大変喜んで下さいました。
今月は、各曜日ともレギュラーメンバーの方たちの欠席が多かったのですが、スポットメンバーやキャンセル待ちの
方々の参加で、お席はほぼ埋まりました。でも、頭を悩ますのが、来月。

 今回来れなかったメンバーの方たちは来月は必ずと連絡が入っているので、参加できなかった12人全員参加と
なると、1日MAX16名をオーバーしてしまいそう・・・(≧ミ≦)   もう1日増やすかなぁ・・・???

 まぁ、今から考えても仕方ないんで、先ずは今月のお教室のご紹介。(詳しくは「カルチャーの部屋」にUPします)
「サロン・ド・ルイーズ 2008・2月 お料理教室」 
今年第一回目は、訪れる春を意識しながら、寒い冬の名残りを惜しむメニューを献立てみました。
春の息吹を感じ、今年もたっぷり楽しみながら、味わい、学びましょう。
 今月の前菜は、香ばしく焼いたお魚のパテとたっぷりの春野菜のサラダ&ソースと共に…。
肉料理は冬の名残りを惜しんで煮込み料理。リクエストの多かった「おらが町のコックオヴァン」
4年前のリバイバルです。以前習った方はしっかりと復習を…。初めての方はしっかり覚えて下さい。
 デザートは、チョッと遊び心の入った「桃の節句」、洋風雛祭り仕立て。
少しパーツが多いかもしれませんが、ひとつ覚えると、いろいろ応用がききますよ。
(メニューは前回21日の日記をご覧下さいネ)
金曜日メンバーの高橋さんが、
この日、誕生日でした。
デザートのプレートにチョッと
お祝いのことばを・・・
皆さん盛り上がってました(v^ー゚)

おめでとうございます!!!
☆  ☆  ☆
 先週、先々週は、料理顧問をさせて頂いている産婦人科入院食の手直しのための資料作り。
3月からは実施したいので、来月はそちらの方も忙しくなりそう・・・。


 朝、昼、夜の献立は二週サイクルで
変わるので、一度写真にまとめ、
和、洋、中のバランスや配分の調整、
洋のほうは味のチェック。和の味は
スタッフの皆さん上手に作りますよ。
乳脂肪は、なるべく控えないと、お母
さんのお乳の出によくないので…。
その他諸々・・・
 今月は、出産まじかのお客様が多かったなぁ。しばらく美味しいものが食べられないからと・・・。
それも前田サンのところで出産される方が多かった。帰り際、「お料理楽しみにしてます」と、お声をかけて頂いて…
これは頑張らねば!
☆  ☆  ☆
マリー料理もチョッと・・・

これは、お客様のご要望で、
野菜尽くしのコース。
お馴染みヴァリエも、7種異なる
味わいの野菜料理の盛り合わせ。
野菜のスープの次は、
メインの野菜のブイヤーベース。

これも、お客様のご要望

赤ワインを使わずジビエを
召し上がりたいと・・・

真鴨と、エゾ鹿で・・・
今は、滋賀産の和牛ロース。


2emeは、さくらの温度卵と
茸、リドヴォー、フォワグラの
ソースペリグー。

 今日のところは、こんなところで・・・。チョッと疲れました。もう寝ます。おやすみなさい(*´〜`*)。о○

(追 : 広島竹原市の田中さん、中途半端な返信メールですみませんでした。疲れのせいかな? 又ご連絡します)
No.114
2008年2月21日(木) No.113
もうチョッとお待ちを…m(_ _)m
 中々更新できず、申し訳ありません。
少し間が空くと、皆さん心配されるみたいで…、たくさんのお声を頂きました。ありがとうございます。
先月から、大事な用事、野暮用等々色々と在りまして…。もうチョッとお待ち下さい。
 只今、「サロン・ド・ルイーズお料理教室」の真っ最中で、明日22日(金)が最終日ですので、サロンが終わって、
土日を越えたら、又いろいろご紹介、ご報告いたします。
 (城山さんの編集途中も、書き足す事が出来なくて・・・、これもまた書き足します。 (←多分、別の部屋に)

 今日は、サロンのデザートのみご紹介して・・・。それでは、近々!
2008・2月のメニュー
Pate de fruits de mer poelee en sarade printaniere. sauce piquante
魚介のパテ サラダ添え ピカントソース 香ばしく焼き上げたハンバーグ仕立て
・・・・・・・☆・・・・・・・
Coq au vin a la maison 2008
コック・オー・ヴァン 2008年度版 おらが町風・鶏の赤ワイン煮
・・・・・・・☆・・・・・・・
Mousse tricolore au Festival de la Poupee
桃の節句の三色ムース 「ひし餅」 見立て
No.113
2008年2月6日(水) No.112
城山さん…編集途中・・・
 「サライ」4号発売されました。「城山夫妻がこよなく愛した湘南の料理店」として紹介して下さいました。
今日は遅くなってしまったのでコメントは後日…。今日は画像のみ・・・。
 それとそれと、またまた嬉しいご報告!
城山さんの遺稿新刊『そうか、もう君はいないのか』の文中 (115頁)で、マリーとマダムが登場・・・!
 ほんとにありがたいことです。城山さん、奥様、有一さん、紀子さん、ありがとうございます。新潮社刊

↓↓↓

☆  ☆  ☆

そしてそして…『そうか、もう君はいないのか』の文中では、マダムと城山夫妻の会話風景が…
前段は笑みがこぼれるほど懐かしさ一杯だったが、後段は3人の姿が浮かび…思い出だけがこみ上げてきて…
皆さん、ぜひぜひ、お読み下さい! 社会派・城山さんではなく、家庭派・城山さんの世界を…
新潮社刊

 俺がマダムの本を書いた時に、ゲラを読んで頂いた城山さんから質問された事がある。
今回のこの本を読んで、その当時のことを思い出すと、その時の城山さんの言葉の奥にあったものは…
・・・今度ゆっくり書きます。(以前の日記)
No.112
2008年2月1日(金)No.111
2月のお料理…
 今月の素材と料理をチョッとご紹介・・・。
 Bretagne産フィレキャネット、蜂蜜とHerbes。ジューシーです 青粒胡椒風味 お馴染み…ジュレ雲丹
 金目、眼張、白鯛のブールブラン 平目と帆立のプチブロシェット お馴染み…人気のオニグラ
 白子の2eme温前菜 パタートのコンフィ3種、もう栗芋は終わってしまいました お馴染み…脂のってます
☆  ☆  ☆
 そんでもって今週のお魚。魚屋さんから、「釣りの真鱈。バリバリッすよ!」と薦められ、チラッと見える白子で即決↓
 ↑お目々キラキラ。胃袋まで出しちゃって、5`の真鱈で1`以上の白子。勿論こちらもキラキラ。.☆.。.:*・゚☆☆♪
 ↑只今2eme Assietteの前菜と、お魚料理でもお出ししています。Filetもホロホロしっとりの上品なお味です。
☆  ☆  ☆
 今週、来週と前田産婦人科さんのお料理の手直し。2周サイクルで昼夜毎日違うんですよ。
これはお料理上手なスタッフの方々が作った、ひつまぶし丼、お肉のつみれ鍋、ひじきの煮物・・・おいしそッ。・☆
 PM5:40。店に帰ろうと地下の厨房から出てくると、この玄関の美しさ。・・・思わずパチリ!
☆  ☆  ☆
そんなこんなで、もう2月。

ひと月が早いッ!
No.111
店内 料理 イベント 楽しいカルチャー 川崎デザイン
平塚・人・素材 いろいろな活動 メモワール シェフの小部屋 Kds-Net

              2006年の日記…4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2007年の日記…1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
              2008年の日記…1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 19月 11月 12月

HOMEに戻る  「シェフの小部屋」タイトルに戻る